• ホーム
  • 市販薬の美白薬は効かない?

市販薬の美白薬は効かない?

エステで美白施術を受けている女性

陶器のように白い肌に女性なら誰もが憧れているものですが、それを実現しようと思ったらかなり難しいと言わざるをえません。
紫外線を受ければあっという間に日焼けしてしまいますから、日焼け止めを塗っていても効果がないと思う人もいるぐらいです。
美白のための化粧品や薬などはたくさんありますが、それを日常的に使っていても思ったような効果を得られていないと感じる人の方がおおいです。
スキンケアだけでは美白を実現できないと思ったら、その次には市販されている薬を試していく人が多いです。
どんな成分が配合されているのかと言うと、多くはビタミンCやL-システインです。
CMなどで耳にしたことがあるかもしれませんが、他にもトラキネム酸などが配合されている内服薬タイプを良く見かけます。
これらは第3種医薬品となりますから、サプリメントではなくて薬です。各商品で違いはそれほどなく、成分の配合量などが違ってくるだけなので、自分に合うものを試すと良いでしょう。
これらの美白の薬は良く見かけて使ったことがある人もいるかもしれません。
効くのかどうかと気になるものですが、あくまで市販薬となりますので、じっくりと時間をかけて内服して様子を見ていくことです。
外用薬タイプも少しずつ増えてきていますが、こちらはハイドロキノンやトレチノインという名前の成分が配合されています。
塗り続けていくことで美白効果を得られるとされていますが、利用する時には日焼けをしないようにしたり、使いすぎないようにするなどの注意も必要です。
もしも即効性を求めるのであれば、時間をかけて利用していく市販薬よりは皮膚科などで診察をしてもらって薬を処方してもらう方が効果的な場合もあります。

人気記事一覧
サイト内検索